万年筆 パイロットの万年筆

パイロット「ジャスタス95」レビュー。ペン先の柔らかさを自分好みに調節できるユニークな万年筆

ジャスタス95_01

パイロット万年筆ジャスタス95(Justus95)」を購入しました。

万年筆好きの方であればジャスタス95の存在を知っているとは思いますが、実際に持っている方は少ないのではないでしょうか?

ジャスタス95は、ペン先の硬さを自分で調整できるユニークな万年筆です。

ペン先の硬さを自分で調節できる万年筆なんて、私の知っている限りジャスタス95以外にありません。

もし、自分にピッタリのやわらかさの万年筆がなくて困っているのであれば、ジャスタス95を試して見る価値はあります。

ペン先を「これだっ!」と思えるやわらかさにカスタマイズできるかもしれません。

パイロット万年筆「ジャスタス95」のデザイン

ボディ

ジャスタス95_02

ジャスタス95には、「ネットブラック」と「ストライプブラック」という2つのタイプがあります。

ネットブラックもストライプブラックも、一見おなじブラックボディなので見分けがつかないかも知れませんが、それぞれボディに彫り込んである模様が違います。

ネットブラックのボディには、ニットセーターのような網目が彫り込んであり、ストライプブラックのボディには、ペンの端から端までストレートラインの凹凸が彫り込んであります。

実際に店頭で両方ためし書きしてみたところ、ストライプブラックは指先に感じる凹凸の摩擦が強すぎて「文字を書く」ことに意識を集中できませんでした

ネットブラックの場合、指先に網目の凹凸を感じることはほぼありません。網目の上から薄いコーティング剤?が塗布されているようで、つるつるしています。

私はネットブラックの方が文字を書きやすかったので、ネットブラックを購入しました。

コンバーター

ジャスタス95_07

ジャスタス95には、ポンプ式のコンバーター「CON-70」が付属しています。

コンバーターの末端をボールペンのようにプッシュするだけでインクが吸い込めるので便利です。

長さ

ジャスタス95_06

ジャスタス95のキャップを本体の後ろにとりつけるとこんな感じ。

かなり長いです。ペン先からキャップの末端まで約16.5cmになります。

長めのペンで、ペンの末端を持ってなでるように文字を書く人には、この長さは嬉しいポイントかも。

ペン先

ジャスタス95_ソフトニブ状態

ジャスタス95の一番のウリであるのがこのペン先。

ニブの上にもう一枚プレートが重なっているのがわかると思います。

このプレートを出し入れすることで、ニブの開き具合を抑制し、ニブのやわらかさをコントロールできるわけです。

実際にやってみましょう。

上画像は一番やわらかい状態(ソフト状態)です。ここからプレートを押し出してやると…

 

ジャスタス95_ハードニブ状態

このように、上部のプレートでニブを前方まで覆い尽くすことができます。

この状態が最もニブが硬い状態(ハード状態)です。

かなり細い線が書けます。

どれくらい細い線がかけるかは、本記事の中盤に貼り付けてある動画で確認できます。

 

ジャスタス95_ニブの柔らかさを変えるグリップ部分

ニブを抑えつけるプレートは、グリップ部分を左右にひねることで出し入れすることができます。

S側にひねるとソフト状態に。H側にひねるとハード状態になります。

パイロット万年筆「ジャスタス95」の書き味

実際に、ジャスタス95(Fニブ)の一番ソフトな状態と一番ハードな状態で書き比べて見た結果です。

最初に一番ソフトな状態で書いて、後ほど一番ハードな状態で書いています。

一番ソフトな状態で書くと、パイロットのペン先で言うところのSEF〜SFニブぐらいの太さで書けます。ハード状態で書くと、SEF的な線の細さになります。

劇的に線幅が変わるわけではありませんが、見てわかるぐらいのレベルで太さが変わっているのは実感できます。

 

一番ソフトな状態でも、一番ハードな状態でも、ペン先のやわらかさはフォルカンには及びません。フォルカンほどグワングワンした柔らかさはありません。エラボーより少し柔らかいかな?といった感じ。

線の入りと抜きは、フォルカンよりジャスタス95のほうが細く書けます。

 

動画を見てもらえばわかると思いますが、ニブの硬さを調節するのにいちいちグリップ部分をひねる必要があるので、その点が煩わしいと感じる人もいるかもしれません。

とはいえ、それこそがジャスタス95の特徴であり、人それぞれ微妙に異なっているペン先のやわらかさのニーズを解決する機構なので、仕方がない部分ではあります。

一番ソフトか一番ハードか、どちらかの状態で書くと決めてしまえば、いちいちグリップ部分をひねってニブの柔らかさを調整する必要はありません

パイロット万年筆「ジャスタス95」の価格

記事執筆時点でのジャスタス95の価格は30000円(税抜き)です。

amazonの場合、記事筆記時点で定価の約30%オフで購入できます。

ジャスタス95はこんな人におすすめ!

ジャスタス95_ニブのクローズアップ写真

  • 自分好みのやわらかさのペン先の万年筆がほしい
  • 線の太さごとに万年筆を使い分けるより、1本で様々な太さの線が書きたい

例えば、パイロットの万年筆のSEFとSFの中間的なやわらかさのニブの万年筆がほしい方には、ジャスタス95がおすすめです。

ジャスタス95なら自分好みのやわらかさにニブを調節できますからね。

また、手帳には細い線が書ける万年筆を使い、ノートには太めの線の万年筆を使うという方にも、ジャスタス95はおすすめできます。

いちいち線の太さごとに何本も万年筆を使い分けなくても、ジャスタス95なら1本で細い線から太めの先まで書き分けることができます

何本もペン先の太さが違う万年筆を買わなくても、ジャスタス95一本で済むのでコスパ的にも良いです。

 

ジャスタス95と同じく、やわらかなペン先を持つパイロット製の万年筆「フォルカン」のレビューはこちら。

カスタムヘリテージ912_フォルカン_01
パイロットの万年筆 カスタムヘリテイジ912(FA/フォルカン)レビュー。ペン先がダンスする万年筆

万年筆の線の強弱の表現に魅せられた人が、最終的に行き着く万年筆がパイロットの「カスタムヘリテイジ912(FA/フォルカン)」です。   ペン先が非常にやわらかく、グワングワンしなります。 & ...

 

漢字が書きやすい万年筆「エラボー」のレビューはこちら。

エラボー_01
パイロットの万年筆エラボー(SEF)レビュー。漢字が美しく書ける!

パイロットの万年筆「エラボー」は、日本語を書くためにデザインされた万年筆です。 ⇒ 日本語に適した万年筆エラボー | 特集記事一覧 | PILOT LIBRARY | PILOT   ですの ...

-万年筆, パイロットの万年筆

Copyright© PEN BLOG , 2020 All Rights Reserved.