万年筆 LAMYの万年筆

LAMY2000万年筆(F)レビュー。EFより書き味なめらか!

LAMY2000F_01

「LAMY2000 万年筆(EF)」のレビューに引き続き、今回は「LAMY2000(F)」のレビューです。

もし、LAMY2000万年筆(EF/極細)を使ってはみたものの…

 

  • 線が細すぎる…
  • カリカリ感が強すぎる…

 

と感じた方は、LAMY2000万年筆(F/細字)を使ってみるのも一つの手です。

Fでも十分細いですし、手帳に細かな字を書く場合であっても字つぶれしにくいです。

もちろん、EF(極細)と比較するとF(細字)の方が線が太くなりますが、おそらく実際に書いた線を見るとイメージしてるほど太くはないと感じるはずです。

本記事でLAMY2000万年筆F)の線の太さや書き味をレビューしましたので、EFニブにするかFニブにするか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

LAMY2000 万年筆 F のデザイン

LAMY2000F_03

LAMY2000万年筆(F)のデザインはLAMY2000万年筆(EF)と同じです。

ペン先以外のレビューに関してはLAMY2000万年筆(EF)のレビュー記事で詳しく書いていますので、そちらの記事を参考にしてください。

 

LAMY2000F_02

LAMY2000万年筆(F)のペン先は、LAMY2000万年筆(EF)と比較してすこーし横幅が広くなっています。

 

LAMY2000EF_04
LAMY2000F_02

上画像の左側がLAMY2000万年筆(EF)のペン先、右側がLAMY2000万年筆(F)のペン先です。

わずかな違いではありますが、EFのペン先の方が尖ったシャープな形状をしていて、Fの方はややふっくらした形状になっているのがわかるかと思います。

完全に同じ角度の写真ではないので正確に比較はできないかとは思いますが、手元でよく見てみると違いがわかります。

わずかな違いだと思われるかも知れませんが、ペン先と紙との接地面が大きくなると、かなり書き味が変わります

LAMY2000 万年筆 F の書き味

Lamy2000F書き味テスト

LAMY2000万年筆(F)の書き味は、LAMY2000万年筆(EF)と比較してなめらかです。

筆記時にペン先と紙の摩擦感を感じるには感じますが…、EFほどカリカリ感は強くありません。

文字を書いていると、ややカリカリするかな?といった程度です。

 

Fの方がEFよりペン先と紙の接地面が大きいので、インクフローが良く、スムーズに文字が書けます

 

線幅はEFよりFの方が、ほんの少しだけ太くなるといった程度。

使うインクの種類や筆圧によっては、EFとFの線幅の違いがわからないかもしれません。

よほど細い線が書きたい人でもないかぎり、LAMY2000万年筆(F)の線の細さでも十分満足できるとは思います。

線幅があまり変わらないのに、カリカリ感が少なくなり、書き味がなめらかになるので、書き味重視の方は、LAMY2000万年筆(EF)よりLAMY2000万年筆(F)の方がおすすめです。

LAMY2000 万年筆 F のペン先のやわらかさ

ペン先のやわらかさは、LAMY2000万年筆(EF)と同じくほぼしなりません。硬めです。

EFと比べると、わずかにFの方が柔らかい印象はありますが…、まぁ ほとんど変わりません。

 

基本的には、LAMY2000万年筆は線の強弱を楽しむ万年筆ではなく、あくまで実用的で使いやすい万年筆です。

 

線の強弱はつけにくいですが、インクの濃淡は出ますので、LAMY2000万年筆を使っても万年筆で文字を書く楽しみは十分味わえます。

ちなみに、EFよりFの方がインクフローが良いので、インクの濃淡に関してはLAMY2000万年筆(EF)よりLAMY2000万年筆(F)の方がよく出ます

LAMY2000 F の価格(コスパ)

実は、LAMY2000万年筆はペン先の種類によって価格が違います。

EFはFより人気が高いので、比較的割高で取引されています。

FはEFより1000〜2000円前後安い価格で取引されています。

 

ペン先の太さ違うだけで、他の部分は全て一緒なわけですから、LAMY2000万年筆(F)の方がLAMY2000万年筆(EF)より少しだけコスパがいいといえます。

常にFの方がEFより安くなってるわけではありません。需要と供給によってEFと変わらない価格の場合もありますので、適宜チェックしてみてください。

特に為替が大きく変動するときは、E・EFともに価格が変わります。

まとめ:LAMY2000 万年筆 F はこんな人におすすめ

LAMY2000F_04

LAMY2000万年筆(EF)より、もう少しなめらかな書き味の万年筆がほしいと思っているなら、他の万年筆を検討する前にLAMY2000万年筆(F)を試してみるのも一つの手です。

ペン先をワンサイズ太くするだけで「コレだっ!」と感じるかもしれません。

 

もしかすると、EFで満足している方も、Fを試せばFの方が良いと思う可能性もあります

 

FとEFを比較せず、なんとなくでEFを買った人は、ぜひ一度Fも試してみるのをおすすめします。

 

LAMY2000万年筆 EF のレビュー記事はこちら。

LAMY2000EF_01
LAMY2000万年筆(EF)レビュー。圧倒的人気の愛され万年筆

ラミーの万年筆「LAMY2000」は、そのルックスの良さと使いやすさから、万年筆愛好家に人気です。 万年筆好きなら持っている定番の1本といっても過言ではないぐらい、メジャーな高級万年筆です。 もちろん ...

 

LAMY2000万年筆 M のレビュー記事はこちら。

LAMY2000M_01
LAMY2000万年筆(M)レビュー。ヌラヌラな書き味がたまらない!

LAMY2000万年筆(EF/極細)やLAMY2000万年筆(F/細字)を持っている方は多くても、LAMY2000万年筆M(中字)を持っている人は少ないのではないでしょうか?   M(中字) ...

 

LAMY2000万年筆 EF・F・M の比較記事はこちら。

LAMY2000比較_01
LAMY2000万年筆のペン先を比較(EF極細・F細字・M中字)

LAMY2000の万年筆を買いたいけど、どのペン先(EF・F・M)を選べばいいかわからない… という人のために、ペン先 EF・F・M の比較記事をつくってみました。   「え?LAMY200 ...

-万年筆, LAMYの万年筆

Copyright© PEN BLOG , 2020 All Rights Reserved.