万年筆 パイロットの万年筆

パイロット万年筆「カスタムヘリテイジ912(MSニブ)」レビュー。個性的なじゃじゃ馬…使いこなせれば勝ち!

カスタムヘリテイジ912_MS_01

パイロットの高級万年筆カスタムヘリテイジ912MSニブミュージックニブ)を購入しました。

MSニブは、その名称からも分かる通り、本来は楽譜を書くために開発されたものです。

音符を書きやすいように設計されていますので、まるでカリフラフィーペンのように、ねかせて書けば太い線が書けますし、立てて書けば細い線が書けます

 

なので、基本的には手帳に文字を書いたり、授業のノートをとったりするのには向いていません。

 

しかし、MSニブは普通の万年筆では表現できない個性的な線が書けますので、絵を描く場合などに使われることがあります。

個人的には…、気軽におすすめできる万年筆ではないと感じました。

たとえ絵を描く場合であっても…、このじゃじゃ馬ペンを使いこなすのは非常に難しいと思います。

 

ただ、使いこなせれば、自分の文字に夢中になるほど魅力的な線が書ける可能性は感じました。

 

本記事でカスタムヘリテイジ912(MS)の書き味や特徴をレビューしていますので、MSニブに興味のある方は参考にしてみてください。

パイロット万年筆「カスタムヘリテイジ912(MSニブ)」のデザイン

ボディ

カスタムヘリテイジ912_MS_04

カスタムヘリテイジ912のボディはこんな感じ。

カスタムヘリテイジ912は、どのニブのものを買ってもボディのデザインは変わりません。

以前紹介した、カスタムヘリテイジ912(FAニブ/フォルカンニブ)と同じボディです。

コンバーター

カスタムヘリテイジ912_MS_02

カスタムヘリテイジ912(MSニブ)はコンバーター式なので、好きなインクを入れて使えます。

コンバーターは付属していますので、別売りのものを購入する必要はありません。

ペン先

カスタムヘリテイジ912_MS_03

カスタムヘリテイジ(MSニブ)の特徴的な部分は、ペン先です。

上画像を見てもらえればわかると思いますが、インクが流れ込むスリットが2つあります!

普通の万年筆のペン先は、1つのスリットしかありません。

MSニブは2つのスリットがあるので、強めに筆圧をかけても線が割れにくいです。(←万年筆使ってる人なら伝わる!)

2つのスリットによってペン先が3本になっていますので、筆圧をかけてもインクがかすれるほどペン先が広がらないからですね。

たとえば、人差し指と中指で思いっきりピースサインしてみてください。このピースサインがペン先だと考えると、インクがかすれてしまうのはイメージできますよね?ペン先が広がりすぎてますので。

しかし、人差し指と中指と薬指の3本でピースサインしてみてください。先程 人差し指と中指で作ったピースサインと同じ幅で。

すると、人差し指と中指、中指と薬指の間がそれほど開いていませんよね?インクかすれにくそうでしょ?

 

ってか…この例えわかりにくいですね。

 

この記事読みながら、片手でチョキチョキしてても、なかなかMSニブのペン先がどんなものか伝わらないかと思いますので、下記の試し書き動画を見てみてください。

パイロット万年筆「カスタムヘリテイジ912(MSニブ)」の書き味

こちらがカスタムヘリテイジ912の試し書き動画です。

 

ペン先を寝かせて書いた場合と、立てて書いた場合とで、先の太さが3〜4倍違うのがわかると思います。

 

また、2つのスリットからたっぷりとインクが流れますので、濃淡が出やすいという特徴もあります。

筆圧を書けると、一応ペン先は広がるのですが、そもそもペン先が硬いので、それほど線が太くなるということはありません。

ですので、MSニブで線幅を変える場合は、どちらかというと筆圧よりもペン先の回転によって線幅を変えるという書き方になると思います。

 

ちょっと気になる点としては、ペン先を垂直(90度)に立てて書くとインクが出ないところですね。

 

70度ぐらいであればちゃんと線がかけますが、90度に立てて書くのは無理そうです。

とはいえ、70度ぐらい立てて書いた場合でも細い線は書けますので、それで十分かなとは思います。

パイロット万年筆「カスタムヘリテイジ912(MSニブ)」の価格

パイロットのカスタムヘリテイジ912の定価は20000円(税抜)です。

記事筆記時点でのAmazon価格は16000円(税込)ですので、Amazonなら定価の約28%オフで買えます。

楽天市場の場合、店ごとに価格にばらつきがあります。楽天ポイントを貯めている人は、Amazonよりも楽天で買ったほうがお得な場合もあります。

ま、大抵の場合はAmazonで買っておけばそこそこ安く買えますし、Amazonのほうが楽天より返品手続きが簡単です。また、最短で当日〜翌日に届けてくれます。

なので、価格がさほど変わらない場合はAmazonで買っておくほうがいいとは思います。

カスタムヘリテイジ912(MSニブ)はこんな人におすすめ!

カスタムヘリテイジ912_MS_05

カスタムヘリテイジ912(MSニブ)は非常に個性が強い万年筆です

基本的にはカリグラフィーペンと同じようなものだと思ってください。

 

なので、メモ用、手帳用のペンとして使うのには向いていません。素直に楽譜を書く用に購入するのが良いと思います。

 

あえて普段遣い用(文字を書く用)に購入するのであれば、本記事に貼り付けている試し書き動画の線幅をみて、その線幅で問題なさそうか考えてから購入するのをおすすめします。

たとえば、個性的な線が描きたいイラストレーターの方、カリグラファーの方、グラフィーティーアーティストの方であれば、一度カスタムヘリテイジ(MSニブ)を試してみるのも良いかと思います。

ペン先の回転で線幅をつけなくてはならないので使いこなすのは難しいですが、使いこなせればオリジナリティあふれる絵や文字がかけると思います。

 

ちなみに、カスタムヘリテイジ(MSニブ)のようにカリグラフィーっぽい線ではなく、単純に筆圧で細い線〜太い線をかき分けたいという方は、以前紹介した「ジャスタス95」や…

ジャスタス95_01
パイロット「ジャスタス95」レビュー。ペン先の柔らかさを自分好みに調節できるユニークな万年筆

パイロットの万年筆「ジャスタス95(Justus95)」を購入しました。 万年筆好きの方であればジャスタス95の存在を知っているとは思いますが、実際に持っている方は少ないのではないでしょうか? ジャス ...

 

非常に柔らかいペン先が特徴的な「カスタムヘリテイジ912(FA/フォルカン)」がおすすめです。

カスタムヘリテージ912_フォルカン_01
パイロットの万年筆 カスタムヘリテイジ912(FA/フォルカン)レビュー。ペン先がダンスする万年筆

万年筆の線の強弱の表現に魅せられた人が、最終的に行き着く万年筆がパイロットの「カスタムヘリテイジ912(FA/フォルカン)」です。   ペン先が非常にやわらかく、グワングワンしなります。 & ...

-万年筆, パイロットの万年筆

Copyright© PEN BLOG , 2020 All Rights Reserved.